私は25歳で34歳の彼氏とはじめてのアナルセックスをした時の話です。

ここ数ヶ月、彼氏がアナルセックスを試してみたいと言っているんです…

私は反対しているわけではなく、むしろかなり前向きなんですが、ただ、何を期待したらいいのか分からないんです。それに、めちゃくちゃ痛いと聞いています…

先日、彼の誕生日にちょっとしたかわいいデートを計画していて、その準備をしたかったのです。その話が持ち上がったときから、私はアナルトレーニングをしていたため、できるだけ面倒なことがないように、必要なことはすべてやりました。私たちは夜遊びをして、食べ物を買って、ホテルの部屋を予約しました。

部屋に戻ってキスをしていたのですが、彼は私を掴んで服を脱ぎ、まず正常位で私を犯し、そして仰向けになるように言い、プラグを掴んで私のお尻に滑り込ませました。私の穴がそれを全部飲み込んだように感じました。

彼は固くなったペニスを私の割れ目にこすりつけ、私の中に滑り込ませました。彼のペニスはとても硬くて、動くたびに私はすごくイッてしまい、彼の脈打つペニスが私のオマンコの中でどんどん硬くなっていくのを感じました。

彼は後ろから私の首を掴んで、より激しく突き始め、私のオマンコが彼のペニスでどれだけ気持ちいいか言いながら私を突きました。

私はとても気持ちよくイッてしまい、それからプラグが私のお尻から引き抜かれるのを感じました。

彼は私に確認し、私が準備ができていることを確認しました。そして彼がゆっくりと先端を私のお尻に導いていくのを感じました。痛かったけど、いい痛みのようでした。

彼はそれにローションを塗り、私の穴に少し塗って滑り込ませました。私は固くなり、とても変な感じでした。彼は私にリラックスするように言い、彼が私の中により深く入っていくのを感じました。

最初はすごく痛くて枕に顔を埋めていたけど、だんだんリラックスしていくのを感じた。

続けていくうちに、もうイキそうだった。

バイブレーターを掴んで、ズキズキするクリトリスに当てると、すごく激しくイッた。

彼はうめき声を上げ、後ろから私の首を掴んで、私の体を彼に引き寄せながら、出し入れしながら私の耳元で「すごく気持ちいいよ、ベイビー」「いい子だね」「すごく気持ちいいよ」とうめいているのが聞こえた。

私はただうめき声を上げ続けて、すごく混乱して言葉が出なかった。彼はまた大きなうめき声を上げて、私がどれだけきついかを告げた。

彼はスピードを上げた。私は自分がイキそうになっているのを感じた。彼は大きなうめき声をあげ、私は彼の温かい精液をお尻の中に射精した。

今までで最高のアナル体験だったよ。

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次