見知らぬチンコとマッチングしてアナルを犯された時の話です。

寂しい夜、物理的な温もりと一時的な満足感を求めて、ある男性と一緒になることを決めました。

彼と私の間には数キロの距離がありましたが、それは問題ではありませんでした。私が彼に送った唯一のメッセージは、私の部屋へ来るようにというものでした。

私が求めていたのは深刻な関係ではなく、単純にそれ以上でもそれ以下でもない、肉体的な欲望の解放でした。それが相手が誰であるかは、私には重要ではありませんでした。

私の部屋に彼が到着したとき、私たちは最初はテレビを観て、テイクアウトの食事を共有しました。しかし、しばらくすると彼は私に近づき、触れ合うことで私たちの関係が進展し始めました。それからは彼を私のベッドルームに導くまでの時間は長くありませんでした。

私は紫色のレースの下着とラフなTシャツを身に纏っていました。しかし、それらの衣装はすぐに彼の手によって地面に放り出されました。彼の指が私の女性部分に進入し、その圧力に対する私の反応を確認しました。私の準備が整うまで彼は引き続き私の感度の高い箇所を愛撫し、結果として私は絶頂に達しました。

彼が彼自身のズボンを脱ぐと、そこには大きくて堅いペニスが現れました。私はその一部に口を付け、口の中に収められました。彼はその先端を私の敏感な部分にこすりつけ、それが私が彼に深く挿入してくれるように懇願するまで、そのまま続けました。

彼が私の内部に浸透し始める時が来たのかと思っていたところ、彼は意外な質問をしました。「バイブレーターはあるの?」と彼は尋ねたのです。それに続いて、彼はそのバイブレーターで私の内部を犯す間に、彼のペニスで私のお尻を犯したいと提案しました。

最初は戸惑いましたが、私は一度も体験したことのないこの提案に興奮を覚えました。私はバイブレーターを取り出し、彼のペニスをしゃぶりながら私自身の敏感な箇所にそれを適用しました。私が濡れて締まった部分にバイブを挿入し、自分自身を犯す様子を彼は納得して観察しました。バイブが私の内部で振動し、私のクリトリスを刺激すると、私は彼に再び四つん這いになるよう求められました。

私がうめき声をあげる中、彼は私のお尻に石のように固くなったペニスを押し込むとともに、バイブレーターを私の下部に出し入れしました。彼のペニスが私のお尻を深く掻き回し、その感じによって私はまさに満たされ、すぐに絶頂を迎えることができました。

彼が責めるための手段が、彼のペニスだけでなくバイブレーターと一緒に彼のペニスであったかどうか、またはバイブレーターが私のクリトリスを合わせて刺激したためか、それとも全てが一緒になっていたためか、私は確証することができません。ただ、私はその直後にさらに2回イキ、その度に震え上がるような充実感を感じました。

ついに彼は我慢できなくなった時、彼の息遣いは速くなり、ペニスの突き上げは深くなりました。私は彼が絶頂に達する準備をしていることを察し、彼が私のお尻を持つペニスを感じました。ふるえながら、彼は私に射精する場所を尋ねました。しかし私は極度の快楽で答えることが出来ず、彼は絶頂を迎える直前に私のお尻から引き抜き、私の顔と胸を目掛けて射精しました。

私自身がまるで都合の良い淫乱女のように扱われ、ザーメンにまみれたままベッドで横たわっていました。それが終わるとすぐに私は立ち上がって体を洗うことができず、彼は私の部屋から出て行きました。

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次