アナルにバイブを入て外出して調教されてしまった時の話です

私は34歳の女性で、私にはボーイフレンドがいます。私たちの関係は多少、一般的とは異なります。私たちの間には一人の男性がおり、彼は私たちを調教しています。

私たちの関係をさらに複雑にしているのは、この男性が私たちと共通の友人であり、またその友人たちは私たちがいろんな変態プレイに参加していることを楽しんでいるグループの一部であるということです。彼ら全員が私のアナルを経験しています。

その日も、まず出かける前に、彼が私の服装を選んでくれました。私は真っ黒なジーンズに、ブラジャーなしの黒いナイキのクロップトップを着て、透明なヒールのサンダルを履きました。

でも、服を着る瞬間が来る前に、彼は私とボーイフレンドをベッドに裸で屈めさせました。彼は私たちに向きを変えずに前を見るようにと指示し、私たちのアナルにたくさんのローションを塗りました。そして、彼は次に私のボーイフレンドのアナルに何かを挿入しました。私はボーイフレンドの困難そうな呼吸を耳にしました。

次に、私自身のアナルにも何かが挿入される感覚がありました。それはすっと入ってきて、ためらいなく滑っていきました。それがために長すぎると感じ、私は一瞬パニックになりました。それから、彼はリモコン式の弾丸型バイブレーターを私のアナルに挿入しました。

ボーイフレンドと私はTバックの下着を穿き、上に彼が選んでくれた服を着ました。私たちは三人で彼の車に乗り込み、彼はボーイフレンドに運転させました。

私は後部座席に座り、彼は私にフェラチオをするよう指示しました。私は自分のアナルに挿入されたバイブレーターをオンにしながら、彼のペニスを咥えました。私のアナルがすでに満たされており、さらに彼のペニスが喉の奥にあるため、集中するのが困難でした。

ついに私たちは目的地に到着し、友人たちに挨拶してハグを交わしました。バイブをアナルに挿入されたままで、挙動を普通に保つのは大変です。ただ一つ、ちょっとした慰めになったのは、ボーイフレンドと手をつなぐことが許されたことでした。待ち時間中、私はスマホをチェックしました。

そこには、私たちのアナルに何が挿入されているのかを示す写真と説明がグループチャットに彼から送信されていました。私たちのアナルには、足の長さのアナルロープが挿入されていました。男たちはみな笑い、私たちがどれほど苦しそうに見えるか、実際に見るのが待ちきれないと書かれていました 。私は衝撃を受けました。こんな状態で夕方まで過ごさなければならないとは、思いもしませんでした。

ようやくテーブルに着席しましたが、それがどれほど困難であったかは言うまでもありません。私のアナルにアナルロープが充満している感覚は、車の中で彼にフェラチオをしている間は感じられなかったものでした。これから長い夜になることを予感しました。

毎度、男性たちは順番になり、私のアナルにバイブの振動パターンを選んで変化させました。そのたびに、表情を作って話すことが困難になるのが常でした。

食事が終わり、車に戻るとすぐに彼は私にズボンを脱ぐように言いました。ボーイフレンドが運転している間、彼は私に下着を脱がせ、私のアナルからバイブレーターを取り出した。そして彼はジーパンを下ろし、私を膝の上に引っ張り上げ、股間を私の下に押し付けました。

その瞬間は強烈でした。私のアナルはすでにアナルロープで満たされていて、その中に彼の硬くなったペニスが入る感覚は、極限まで耐え難いものでした。彼は私のクロップトップの下に手を伸ばし、私の乳首をいじり始めました。

私の下から湧き上がる感覚に私は興奮し、彼が私を抱きしめると、その剛勇なペニスの上でゆっくりとグラインドし、反対方向に弾む感触を感じました。私が顔を上げると、私を揺さぶるうちに映る車の鏡に、ボーイフレンドが私たちを羨望の目で見つめているのが映っていました。

それでも、私は止まること回避りませんでした。私たちはそんなに自由気ままにセックスすることはめったにありませんでしたから、家に帰ったら、彼が私を寝室に連れて行って、私たちが本当に愛し合える場所で愛を交わすんだろうと想像していました。

しかし、私の予想は外れていました。私たちが家についたとたん、彼は私をガレージに引きずり、裸になるように命じました。私の乳首をつまみ、私を家の中へと引き入れ、地下のダンジョンへと連れていきました。ボーイフレンドまでそこへつれていかれました。

彼はすぐに彼を椅子に縛り付け、私をストッケードに入れました。彼は私たちの三脚を取り寄せ、仕事を始めました。さほど待たずに、彼は私の口にペニスギャグを押し込み、乳首にクリップを付けました。

彼はほぼ無言で私の背後から近づき、ペニスを私のアナルに突っ込んできました。彼は筋肉質な腕で私を締めつけ、私の腰を自分に引き寄せました。私はすでにアナルロープで満たされていたので、彼の激しいペニスによる侵入には完全に圧倒されました。

私のボーイフレンドは、私がぬめるような唾液を垂らし、ペニスギャグに窒息しながら、彼が私を押し倒すのを見ていました。私の胸は彼の激しい突き上げによりブルンブルンと揺れ、乳首のクリップに付けられたベルが鳴り響きました。彼は自分が絶頂に達するまで、その強烈なペースで私を貫き続けました。

それから彼はボーイフレンドのところへ行き、再び硬くなるように彼を調教しました。ボーイフレンドは彼のペニスを優しく口で包み、彼が再び硬くなるまで愛撫していました。そして、彼は私のところに戻ってきて、再び私を貫き、私が満足するまで続けました。

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次