私がオナニーで潮吹きするのを隣人に窓から見られた時の話です

昨日は本当に美しい日でした。太陽が輝き、空は青かったです。新鮮な空気を取り入れるために寝室の窓を開けました。ジョイントに火をつけて吸い、それから毎日読んでいる本を読み始めました。

目次

私がオナニーで潮吹きするのを隣人に窓から見られました

この本はラブラブな内容で、ある部分ですごく興奮しました。すっかり酔っ払って、ADHD が発動して頭の中で妄想を膨らませ始めました。ベッドは窓際にあり、外の青い空を見上げながら天気を楽しんでいました。ズボンの中に手を入れて、クリトリスをこすり始めました。

正直に言うと、その本に出てくる部分はすごく興奮させられました(笑)。本を置いて、ゆっくりと自分でいじり始めました。すごくリラックスできました。すごくハイになっていたので、感覚がとても強烈でした。あまりの快感に、かすかなうめき声をあげ始めました。

この時点では目を閉じていて、別世界にいました。私は立ち止まってバイブレーターを掴みました。足を後ろに蹴り上げて大きく広げ、濡れた小さなクリトリスにゆっくりとバイブレーターを当てました。もう耐えられませんでした。私は本当に大きな声でうめき声を上げ始めましたが、完全に自分の領域に浸っていたので、どれくらい大きい声なのかわかりませんでした。笑

隣人の窓は私の真向かいにあります。彼は年配の独身男性ですが、いつも働いているので、誰かに見られる心配はあまりありませんでした。精液が大量に溜まっているのを感じたら、すぐにイキ始めました。爆発する準備ができました。甲高いうめき声をあげ、ベッドの2フィート先まで飛び散りました。顔に血が集まるのを感じ、また繰り返しました。どんどん気持ちよくなっていきました。3回連続でイッたに違いありません。ハイになっていたので、すごく気持ちよかったです。

終わった後、私はベッドに寝そべって天井を見上げていました。なんて天国のような気分だろうと思いました。それから左の外に出て、美しい天気を眺めました。

すると、隣人が口を大きく開けて窓際に立っているのに気づきました。私の魂は文字通り体から抜け出しました。私はベッドから飛び起きて窓の外に出て、信じられない気持ちで口に手を当てました。

隣人にわざとイクところを見せつける

前回の出来事の後、最初は自分がどう感じているのか分かりませんでした。考えた後、もう一度窓でオナニーすることにしました。先日と同じように窓を開けました。今度は、窓に向かって足を大きく開いていました。

今回は彼に全部見せたかった。彼は見たものが気に入っているだろうから、全部見せてあげてもいいんじゃないかな。注目されるのが大好きなんだ。横になってアソコをこすり始めた。かすかにうめき声を出し、彼に聞こえてほしいと願いながらどんどん声を大きくしていった。

私は10インチのディルドを取り出し、ゆっくりと挿入しました。痛くて気持ちよかったです。ゆっくりと出し入れしていました。目の端に、向かいの窓に誰かが現れるのが見えました。彼が見ているか確認するためにちらっと見ました。彼は見ていました。

私はスピードを上げて、何度も何度も射精し始めました。本当に大きな声で叫び始めました。もうすぐイキそうになるのがわかりました。私は全力を尽くしてディルドを素早く引き抜き、窓枠に潮を吹きました。ディルドを再び挿入して射精を続け、すぐに引き抜いてまた潮を吹きました。

私は起き上がって彼を見て微笑み、片付けに行きました。

私はついに隣人のところへ歩いて行き、彼に私を満たしてもらいました

彼は窓から私を見ていて、私が彼に見せているショーを楽しんでいた。正直、私は自慰行為に飽きていて、本物のペニスが本当に欲しかった。ベッドに横になっていつものようにやろうと思っていましたが、今回は計画を立てて取り組みました。

私はベッドの窓からの景色を眺めながら、いつも通りのことをしました。彼が私のことを見守っているのを目の端で確認すると、私は彼に微笑みかけました。私は指を立てて、そこで待つように合図しました。私は素早く服を着て、歩いて行きました。彼とは長い間話していなかったので、近況を話す時間でした。

彼がドアを開けるとすぐに、私たちはお互いに微笑み合いました。私は彼に「それで、私の窓から入ってきたショーを楽しんでた?」と言いました。彼は、どれだけショーが好きで、私がどれだけ美しいかを伝え、そしてなぜかと尋ねました。私は、注目されるのが好きで、本当に退屈していたし、男の人が私を見ても気にしないからだと答えました。

彼は、これは妻が亡くなって以来、最も興奮した出来事だと言いました。私はそのことを知りませんでした。私は彼に同情したので、彼とセックスしたくなりました。私は小さなショーツを脱ぎ、彼のソファーで後背位になり、彼のためにお尻を振り始めました。

私は彼にそれをいじらせ、叩かせ、彼のペニスを私にこすりつけさせました。彼が勃起し始めたのが分かったので、私は向きを変えて彼のズボンを下ろしました。私は彼のペニスをしゃぶり、全力でディープスロートしました。亡くなった彼の妻よりも上手くやろうと、ベストを尽くしました。彼のペニスがよだれを垂らして濡れ、脈打つようになったら、私はTバックを脇に寄せて、彼がそれを私の中に滑り込ませました。

彼は私がどれだけ完璧かについて口をつぐんでいました。彼は私を何度も何度も責め、私の顔は彼のソファに押し付けられていました。私は大声でうめき、彼の精子を私の中に入れてほしいと懇願していました。彼は私の若くてきついおまんこを気に入ってくれるだろうと分かっていました。彼はついに大声でうめき始め、私のおまんこに精子を全部発射しました。彼はゆっくりとそれを引き抜き、弾けるような音を立てました。私はブーティーショーツを履き直し、彼にキスをしてありがとうと言いました。彼は私をいい子と呼び、またいつか会えるといいな、と言ってくれました。

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次