20cmのデカチンに犯されて悦ぶおチンポ中毒のメスの話です。

私は19歳。その年に偶然の出会いから処女を失ったばかり。

セックス経験は多くありません。でも、本当にセックスされるのが好きです。

男の子は私の大きなおっぱいと可愛い顔が好きなので、私なら好きな時にいつでもセックスできることに気づきました。

すぐにティンダーをダウンロードし、たくさんの男性をスワイプして、今すぐヤリたいという男性を見つけたんです。

私はまだ実家住まい。窓からこっそり家を抜け出すと、彼が地元の公園に連れて行ってくれました。彼の車の後部座席に乗り込み、すぐにイチャイチャし始めました。

私はノーパンのゆったりしたパジャマショーツをはいていたのですが、彼は私のパンツの中に手を突っ込んできたのです。

彼は「下着をつけないヤリマンが大好きだ」と言い、私が彼の手の上で震えながらイクまで乱暴に指を動かしました。

彼のおちんぽは太く、少なくとも20cmはあったと思います。

彼は大きなうめき声をあげながら、私の頭を掴み、そして動かし始めた。私はほとんど息ができず、彼の長いおちんぽに唾が垂れていましたが、私の乳首を手でつまんで引っ張り、もう一方の手で私の顔を押しつけました。

やがて、彼はおちんぽを私のアソコに生で挿入し始めました。私の唾液でたくさん潤っていたにもかかわらず、彼はその大きなおちんぽを私の狭い小さなアソコに入れるのに苦労しました。

そして、彼は私のお尻を叩きながら、私をアバズレと呼び、私の中に何度も挿入した。

こんなに乱暴に扱われたのは初めてだったので、10回はイッたような気がしたし興奮した。私は彼に犯されながら、とても大きな声で喘いでしまった。

彼は私を裏返し、私の足を押し広げ、玉が私にぶつかるまで私のアソコに入り込みました。

“見ろよ、この淫乱女。

この巨大なペニスが狭い小さな穴を引き延ばしている。

私のオマンコに射精するまで、彼は激しく、速度を上げて私を犯し始め、私が悲鳴を上げると乳房を触り、何度も私の中でペニスを動かした。

” 私はすぐにイッてしまった。”

その後、私はほとんど話すことができず、とても疲れました。彼がずっと窓を開けていたので、駐車場にいる他の車に私の悲鳴が聞こえていたことに、今になってようやく気がつきました。

彼は私の乳房を2、3回叩いた後、車で家まで送ってくれました。私は窓の中に入り、彼の精液をアソコから漏らしながら眠りについたのでした。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次