おチンポ中毒の女が乱交パーティーに参加した時の話です。

私は37歳のおチンポ中毒の女。

一日の仕事をこなし、その日の必須事項がすべて終わった瞬間に、すぐにTinderに飛びつき、おチンポを探す。

ネットで読んだのですが、依存症の人は精神的にその依存症がないと正常に機能しないそうです。

確かに、私も数時間おきにオマンコを触らないと脳が性的思考に乗っ取られてしまう。仕事中も勃起したままパンツの外側を撫でて、次の乱交パーティーのことを考えて涎を垂らしていることもある。

週7日のうち6日は新しい人のそばで目覚め、いつでもセックスできる相手は少なくとも2、3人はいる。

私が得意なのは、顔面騎乗と唾を吐くことです。

私は乱交パーティーを企画する様々なグループチャットに参加していますが、最近あるパーティーで素晴らしい経験をしました。

この乱交パーティーでは合計8人の男たちが、どんな状況でもイクことができない自分がいかにすごいかを事前に話していた。私はそれが得意分野なので、一人でニヤニヤしていました。

私は、男性を満足させられないと思うと夜も眠れないし、その人のザーメンを味わうことも、少なくともそのザーメンに塗ることもできないのでイライラしてしまう。

パーティでみんなムラムラしてきたので、セックスを始めた。

汗ばんだ体やチンコがそこいらじゅうにある状況はとても興奮する。

誰もイかないので、私は性的欲求不満になっていた。

乱交パーティーの参加者であれば誰でも、私がザーメン魔であることを知っている。

そこで、私は一人の男を引き寄せ、枕に座らせた。私はみんなを呼んで、次はあなたの番だから見てなさいと言った。私は、みんなが私の周りに輪になって集まってくるのを確認した。

最初の男のきん玉を皮が伸びるまで引き下げ、彼のおチンポに唾をかけた。私は彼のコックを上下に舐め、濡れていることを確認した。この時点で、周りにいた男たちは皆、オナニーをしていて、部屋の雰囲気はめちゃくちゃムラムラしていた。

最初の男が小さく反応した後、私の口はすぐに私の好きな液体で満たされた。私は唇を舐め、そのおいしさと、飲み込めなかったものは、私の顔や体をそれで覆いました。

私は振り返って他の男たちを眺め、次の犠牲者を選ぶ。

私は最後の3人になるまでこれを続けました。この時点で私は頭のてっぺんからつま先までザーメンで覆われ、4人の男性が私の全身にスペルマをかけていました。

最後の3人は前に1人、左右に1人ずつ配置しました。私は前の1人をしゃぶりながら、他の2人にはしっかりとハードな手コキをしました。

60秒から80秒ぐらいで、私は男をフェラチオで逝かせましたが、彼がイクと同時にフェラを止め、私にスペルマをかけるようにした。さらに約15-20秒後に他の2人の男が私に向かって精液を出した。

言葉では言い表せないほど狂った時間だった。

私は文字通り精液の泉のような気分で、全員を射精させたことにとても満足してその場を去りました。

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次