カッコいい男性を部屋に連れ込んでたくさん犯してもらった時の話です

彼は仕事でこの町に来ていて、数日前にTinderでマッチングしました。

彼を私のアパートに呼びました。

彼のために選んだ黒いランジェリーで玄関に迎えようと思ったが、最初はその上にワンピースを着ることにした。

彼は写真よりもさらにカッコよかった。ドアを開けて彼を見たとき、私は文字通り立ち止まり、少し驚きました。彼は明るく澄んだ目をしていて、しっかりした体格をしていました。彼はコロンの素晴らしい匂いがしていた。

彼の好きな音楽はR&Bだったので、それを聞きながら、ソファーに座り、世間話をしながらお互いの感触を確かめた。やがて彼は私を引き寄せて、首筋にキスをし、私のヘアを褒めてくれた。

私はすっかり溶けてしまった。

キスをしながら、彼の手は私の体を滑り落ち、おっぱいを少し触ってから、私の脚の間に手を伸ばした。

彼は数秒で私のクリトリスを見つけ、こすってたき。私のクリトリスはすでに濡れていたので滑らかでした。何度かキスをしたり触ったりしただけなのに!

彼の指がすでに私の脚の間にあるので、私は脚を大きく開き、彼の口の中で喘ぎました。

彼が私の首筋に唇を移したとき、私はベッドルームに行こうと提案しました。

私はドレスを脱いで、彼のために選んだものを見てもらおうとしました。彼は、唇を噛みながら、私に視線を注いでいた。私は正しい選択をしたのだ。その隙に、私はもう一度彼を見つめ、見逃していたタトゥーに気づいた。彼はとてもいい男だった。

しばらくして、私たちはベッドの上でイチャイチャし、彼の指がまた私のアソコを弄った。

彼は私の「真珠」(クリトリス)でイキそうなのか?と尋ねた。私は頷いた。彼は2本の指で私を犯し、もう1本の指で私のクリトリスをこすり続けました。私の発する音は実に卑猥で、いままでで最高の指使いでした。

私が彼の腕に爪を立ててイクと、彼は私のアソコを叩いてから服を脱ごうと立ち上がりました。その時、私はあの男に何でもされたいと思った。

彼が寝転ぶとすぐに私は上に乗り、あちこちにキスをして彼のペニスに至るまで、彼の体を拝み倒すような気持ちでいました。そして、彼のペニスへと向かった。彼は平均より少し長く、太かったが、仮性包茎だった。

私は彼の玉の部分まで咥え、彼が苦しそうな喘ぎ声を上げたとき、彼のペニスを口の中に入れて微笑みました。

私は顔面騎乗をし、彼の玉から唾液を漏らし、それを時々止めて舐めた。私がそれを嚥下すると、彼はとても美しい声を出すので、私は何度もそれをさせた。やがて私の喉は休憩を必要とした。

私は彼がどのような体位を望むか尋ねた。

私たちは正常位に決めた。

最初は隣人に聞かれるのを恐れていたけど、私の上のアパートには誰もいないと断言したら、彼はすっかり変わってしまいました。

彼は私を激しく犯し、私はほとんど息ができず、ただあえぎ、呪うだけでした。彼の腰が私の腰とぶつかる音は、近所中に聞こえたと思うほど、とてもうるさかった。

でも、私は一秒一秒を楽しんでいた。時々目を開けると、彼が私をじっと見下ろしていた。まるで、彼が私のアソコを伸ばしながら私の喜ぶ顔を見るのに夢中になっているようだった。

どのくらい長く私を犯していたのか分からないが、彼が休憩する番になった。

私は彼の脚の間に戻り、コンドームを引き剥がした。彼のペニスは再び私の喉に埋まり、それが自分のものであるかのように感じられた。彼は今回も手荒く、私の髪を掴んで、ペースをさらに速めた。

私が息を吹き返すと、彼は私の唇と頬をペニスで叩いた。それは卑劣な行為だったが、私はそれを楽しみ、彼の精液を飲み込みたいと思うようになった。私は、彼の隅々までディープスロートし、彼の味を楽しみ、かすかに私の味も楽しみました。

彼に犯されたとき、私はとても濡れていて、オマンコ汁があちこちに漏れていました。

彼が発する音と、私の髪を掴んでいる状態から、彼が近いことを感じ、私は彼が私の口の中でイク前に素早く息を吸い込んだ。濃くもなく、強い味でもなく、実はちょっと心地よかった。私は飲み込んだ後、一滴も漏らさぬよう舌で彼を撫で回しました。淫乱女がすべきことのように。

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次