彼が一晩で私の3つの穴を全て犯した時の話です。

私(20)にはボーイフレンド(21)がいます。

私は今大学生で、出費を抑えるために両親と一緒に住んでいます。私たちは約1時間離れて住んでいて、私だけが車を持っています。だから会えるのは週に1回くらいで、平日か私の学校が休みの日。

この1週間、私は彼に体を触られたかった。だから彼を迎えに行き、私の家に連れてきた。すぐにベッドで抱き合ったんだけど、彼はもう私をつかんでキスしてきた。キスをしながら、私はすでに彼がボクサーの中で硬くなっているのを感じていた。

少し背景を説明すると、私たちは今までアナルをしたことがなかったけど、彼は私たちがかなり真剣になってからアナルをおねだりするようになった。私はアナルがとても好きなんだけど、私たちはその場で乾いてしまうクソみたいなローションしか持っていなくて、一度だけそれを使おうとしたときはうまくいかなかったの。

そして今日、彼はショーツとボクサーを脱ぎ、私のショーツも脱いだ。そして彼は私に擦り寄ってきて、私がどれだけ濡れているか、そして私のお尻に入れたいからローションがあればいいのに、と言った。私はすぐに立ち上がり、ドレッサーに向かい、私が買った新しいローションのボトルを持ってきた!。

彼は自分のペニスに少しつけると、それを私に押し付けて、少しの間、いくつかの体位で普通に私を犯した。彼は私の足を上げ、ゲームチェアで前かがみになり、おなかを平らにしてお尻を突き出した。

彼が私のお尻に入れていいか聞いてきた。

私は「入れてほしい」と言うと、彼はさらにローションを塗り、私はチンポの先っぽを感じた。彼は今までで一番大きなパートナーだから、正直ちょっと怖かった。でも、彼はそれを知っていて、私が彼を信頼しているかどうか尋ねてきたので、私はイエスと答えた。彼はゆっくりと私のお尻に半分だけ押し込んだ。彼はそのまま、少し震えながら、そのきつさを教えてくれた。彼は「このまま続けてもいいか」と尋ね、私の了承を得て、すべてを押し込んだ。

彼は私のお尻をゆっくりと犯し始めた。

長いストロークをするたびに、私たちは呻き、私の手はシーツに食い込んだ。やがて、彼の手が私の腰を強く押すのを感じ、彼はベッドを揺らし、きしませながら私を犯し始めた。彼はますます乱暴になり、私は彼が近づいてきているのがわかった。私はそれを懇願し、彼が私の中にザーメンを叩き込むと、私はほとんど絶叫していた。彼が抜くと、私の太ももを伝ってゆっくりとザーメンが漏れていった。私たちは一緒に昼寝をした。

目が覚めると、まだムラムラしていた。そこで私は彼に寄り添い、ゆっくりと彼の脇腹をこすりながら眠りに戻ろうとした。しかし彼は目を覚まし、かなり面白がっているようだった。

彼は私の腰をつかみ、膝の上に私を移動させた。彼がボクサーを脱ぐのを感じ、彼は「より快適にするために」私のも脱ぐように言った。彼が私のお尻の突き上げてくるのを感じ、彼は「入れてもいい?私は少し笑ったが、断るにはムラムラしすぎていた。すぐに私は彼の上にゆっくりと腰を転がしながら、彼の上に完全に押し倒された。私は彼のペニスの上で軽く弾み始め、彼が私を見ているのを楽しんでいた。彼が私の中で大きくなっていくのを感じながら、やがて彼はまたイクと言ってきた。私は彼の胸に手を置き、何度も彼にお尻を打ち付ける。

私は彼に「赤ちゃんちょうだい」と言うと、彼はアソコをいっぱいにしながら、そうしてくれた。私はペースを落とし、グラインドを続ける。彼は息を荒くしながらも私を見ていて、下を向いて「ファック、君はとてもクリーミーだ」と言うので、私は彼の最後の硬さを取ろうとして、彼に軽くセックスを続けた。私が彼の頭を撫でない限り、彼がナッツの後に再び硬くなることはめったにない。しかし、私に警告することなく、彼は私の腰をつかみ、私の中でファックを始めた。私は彼がこうするのが大好きで、毎回彼にメロメロになってしまう。私は彼の肩を掴み、彼は私のお尻を叩きながら、私を彼のペニスに叩きつけた。私は我慢できず、彼にイキそうだと言った。彼は私に許可を与え、それを通して私に話をする(男たちはこれをやってください、それは最高です)。私は彼の周りで射精し、足が震えているのを感じ、彼は私にもう一回発射した。今度こそ、私たちは二人とも死んでいた(笑)。

私たちは映画を見て夜を過ごすことにした。私がお酒を飲むと、かなりはしゃいでしまうからだ。そして案の定、一緒に飲むことになった。私たちはベッドで映画を見ていて、私は彼の胸に寄り添い、彼をさすっていた。私はゆっくりと手を下に動かし、彼を感じたいという衝動に駆られた。そこで私は彼の太ももを指で軽くなぞり、時折、彼のシャフトに指をぶらつかせる。そうするたびに、彼が徐々に硬くなっていくのを感じる。

彼は私を見て、今夜はもう起たないと言った。私は彼にやめてほしいかどうか尋ねると、彼はノーと言った。

だから私は、彼のペニスがボクサーから出ようと力むまで触り続けた。彼はそれを取り出し、期待に満ちた目で私を見る。私はにやりと笑い、完全に止めると、目に見えて彼を困らせた。彼は少し柔らかくなり、私は再び触るようになった。彼が再び硬くなるのを見ながら、彼の前立腺を弄り、彼のシャフトとタマに指と手を滑らせる。やがて私は、彼が不安になってきているのがわかった。

彼は私がフェラするのが大好きなので、私に頼んだ。私は彼に「いいよ」と言ったが、彼の自慰行為に移った。私が速くなるたびに、彼がイクまいと力み、うずくまるのを感じる。2回目の後、彼は私にもう一度頭を使ってくれと頼み、このままイクのは嫌だと言った。

私は彼を見て、そうするよ、でも楽しませてくれと言う。私は3回目のエッジングをした。私は彼に「握ってくれ」と言うと、彼はうめき声をあげた。手コキは初めてだったので、とても楽しかった。最後に、4回目のエッジングの後、私は膝をついて彼に「よくやったよ」と言って、彼の頭に軽くキスをした。私はそれを口に含み、魔法をかけ始めた。正直なところ、彼が頭からイッた最も早い時間のひとつでもあった。私は舌を動かし、しゃぶり、手を動かす。でも、彼が近づいてくるたびに、彼は私の髪をつかんで、ディープスロートをするために私を押し倒す癖があるの。おそらく私があそこに下りてから1分も経たないうちに、彼は私の頭をつかみ、彼のペニスで私の首を絞めてから、「イクよ」と言って私の口の中にザーメンを発射した。彼はその後疲れ果ててしまったので、私はもう少しいじめてみたが、彼のペニスはかなり果てていた(笑)。

そうそう、彼は一晩で私の穴全部にイッてくれたの!超楽しかったし、彼が期待してないときにまたしたいね。

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次